吉岡里帆がブレイクしたきっかけは?連続ドラマにも出演! 

Pocket
LINEで送る

吉岡里帆

吉岡里帆さんが2017年の上半期ブレイク女優で一位を獲得しました。
吉岡さんは最近ドラマによく出演していますね。

吉岡さんはどのようにして女優としてブレイクしたのでしょうか。
女優として名前が知られるまでは厳しい生活を送っていたようです。


今回は吉岡里帆さんがブレイクのきっかけ、ブレイクするまでの経歴、今後のドラマ出演についてまとめました。

スポンサーリンク

吉岡里帆とは

  • 1993年1月15日生まれ
  • 出身地は京都府京都市右京区
  • 身長は158cm
  • 血液型はB型
  • エーチームグループに所属

ブレイクの裏には苦労があった!

ブレイクのきっかけは連続ドラマ『あさが来た』です。

ストーリー後半で重要な役を見事に演じてから注目され始めました。

女優になる前は書道の先生になりたいと考えていたそうです。
書道の腕前はなんと8段。
吉岡さんなら優しく書き方を教えてくれそうですね。

そんな吉岡さんが女優になりたいと思ったのは17歳の時です。

演劇サークルの芝居を見て、魅了され自分もこういった芝居をやりたい!!と思い女優の道を目指し始めたそうです。

高校の頃に、現在所属している『エーチームグループ』のオーディションを受けて見事合格。

合格することができた吉岡さんですがその後、困難が待ち構えていました。

養成所が東京にあり、離れた場所に住んでいる吉岡さんは
12時間かけて東京の養成所まで通わなくてはならなかったのです。

深夜のバスに乗り込み東京まで移動して、
漫画喫茶でシャワーを浴び身支度をしてオーディション、レッスンを受けるという生活を5年間も続けていました。

オーデションの時は終わった後に京都まで深夜バスで戻り大学に向かうというハードスケジュール。

アルバイトもカフェ、居酒屋の厨房、派遣、歯科助手、ホテルのサービス、など多く経験していました。

四つ同時に並行してアルバイトをしていたこともあるみたいです!

本当に女優になりたいという強い意思がないとここまで頑張るのは辛かったと思います。

アルバイトの中で身についた気遣い気配りおもてなしは、今の女優の姿に生かされていますね。

下積み時代で鍛えられてきたからこそ現在の美しさ、一目置かれる存在感があるのかもしれません。

しかし、吉岡さん自身は

「ブレイクしてるとは思っていなくて、偶然お仕事が続いているだけ」

だと発言しています。

今後さらに演技力に磨きをかけるかもしれませんね。

ドラマ、CMに多く出演!さらに連続ドラマ『ごめん、愛してる』ヒロイン役に抜擢!

これまで吉岡さんはドラマ『あさが来た』、『ゆとりですがなにか』、『カルテット』に出演してきました。

『カルテット』では目が笑っていない元地下アイドル役という難しい役を演じていましたね。

不気味な高笑いをするという怪演をうまく演じていました。

2016年からはCMにも出演し始めて知名度は急激に上がって行きました!

『UR都市機構』、『ZOZOTOWN』、『綾鷹 にごりほのか』、『どん兵衛』
などのCMにも出演していますね。

特にどん兵衛の狐のコスプレをした吉岡さんが可愛らしいです!

2017年7月9日から毎週日曜午後9時に長瀬智也さん出演の『ごめん、愛してる』にヒロイン役として出演することになっています。

吉岡さんが今回演じるのは他人のために自己犠牲をいとわない純粋で愛情深いヒロインの役です。

「初の連続ドラマヒロインを演じるため緊張している」

とコメントしていました。

長瀬さんとの共演が楽しみですね!

まとめ

様々な壁を乗り越えて女優になった吉岡里帆さんは尊敬しちゃいますね〜。

2017年には映画も挑戦したいと意気込んでいるのでもしかしたら映画の出演も今後決定するかもしれませんね!

今後の吉岡さんの活躍も応援しています☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする