鈴木亮平が肉体改造!?その方法とは?体型の変化が凄まじい!

Pocket
LINEで送る

鈴木亮平

今俳優として名が広まっている鈴木亮平さん。

来年放送される大河ドラマ「西郷どん(せご)」に出演します。
鈴木さんは役に対する情熱が人一倍あり注目されています。

中でも肉体改造が凄い!
と言われていますがどのくらい凄いのでしょうか?

今回は鈴木さんの出演した作品で肉体改造した姿、どのような方法で鍛えたかを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

鈴木亮平のプロフィール

  • 俳優
  • 1983年3月29日生まれ
  • 出身地は兵庫県西宮市
  • 身長186cm
  • 血液型A型
  • ホリプロに所属

鈴木亮平の肉体美!出演している作品の役作りが凄い!

鈴木さんが役のために肉体改造した作品は
2013年映画「HK 変態仮面

鈴木亮平 変態仮面

2014年映画「TOKYO TRIBE

TOKYO TRIBE 鈴木

2015年ドラマ「天皇の料理番

天皇の料理番 鈴木亮平

同年「俺物語!!

俺物語!! 鈴木亮平

です。

驚くことに短い期間の間に肉体改造をしていますね。

詳しく紹介していきます。

鈴木亮平の肉体改造の方法は?

変態仮面 鈴木亮平

HK 変態仮面」に出演する時は専門のトレーナーに教えてもらっていたわけではなく

なんとボディービルの本を購入し独学で肉体改造をしていたそうです。
1年間でムキムキの身体を作るのは大変な努力をしていたと思います。

筋肉の量が増える事で体が重く思うように動かなくてアクションシーンを演じる時は苦労したとのこと。

筋肉作りのために一度体重を増やして(鈴木さんは一日8食)
脂肪を落としつつの筋トレをして肉体改造したそうです。

TOKYO TRIBE」ではガッチリとした体型のレスラーの役のために体重を増やすことも重視していたようですが
一日8食も食べて筋トレは気持ち悪くなりそうですよね。

一方で減量して出演したドラマ「天皇の料理番」では
キャベツと納豆を合わせた一品「キャベツ納豆」を食べて
76キロから20キロ減量しました。

天皇の料理番

改めて写真を見ると痩せこけていますよね。
一見鈴木さんに見えないですね。

鈴木さんは元々温厚な人だったようですが「キャベツ納豆」生活を送っていた時には
ほんの些細なことでイライラしてしまい追い込まれていたようです。

空腹時には自分自身との戦いが大変だとコメントしていました。

数ヶ月後には「俺物語!!」に出演する予定だったため
再び筋肉をつけることになった鈴木さん。

役作りのための時間は40時間しかなかったようです。
体重増減のためのカロリーコントロール、トレーニングを組み合わせて短期間で肉体改造に成功しました。
天皇の料理番」で20キロ減らした後に30キロ増やしたそうです。

鈴木さんは「リバウンドも激しいためなるべく真似をしないよう」にと注意しているので
一般の人は無理に体型を変えないようにした方が良いと思います。

鈴木亮平は「西郷どん(せご)」でも肉体改造する!?

再びドラマに出演することになった鈴木さんの肉体改造に注目が集まっていました。

がっしりとした体型になっていますね。

鈴木さんはこのがっしりとした体型を表すために早稲田大学の相撲部の稽古に参加していました。
役ごとに筋肉をつける部位を考えているんですね。

⇨公式ホームページ【鈴木亮平さん主演!「西郷どん」】

肉体改造が大変かと思いきや「薩摩ことば」を使うことの方が大変なんだそうです(笑)

体型の変化を楽しみにしているファンも多いようですが
大きく体重が変化する鈴木さんの身体が心配ですね。

まとめ

ということで今回は鈴木亮平さんの肉体改造についてまとめました。
来年の大河ドラマに出演する鈴木さんも期待していきたいですね。

今後も体を壊さないようにして頑張って行ってほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする