野際陽子は緊急入院をしていた!?入院していた病院名は?

Pocket
LINEで送る

いつも元気で明るく撮影現場で振舞っていた野際陽子さんは、肺腺がんにより6月13日に81歳でこの世を去りました。
野際陽子
突然のことに信じられない方も多いのではないでしょうか。

情報が少ないままで気になっている方も多いと思い、野島陽子さんについて今回は調べてみました。

スポンサーリンク

野際陽子について

    • 1936年1月24日生まれ
    • 主審地は富山県富山市
    • 身長163 cm
    • 女優・アナウンサー・司会者・歌手・ナレーター・声優をしていた
    • セブンス・アヴェニュー所属

NHKのアナウンサーを経て女優デビューをして大女優になりました。
ドラマでは『警視庁捜査一課9係』、「TRICKシリーズ」、「必殺仕事人」など数多くのドラマに出演していました。
昼ドラマ『やすらぎの郷』に出演中でしたが喋るときも苦しそうだったと言われていました。

「第二のお母さん」と愛されている存在だったといえます。

闘病生活の実態!緊急入院をした病院は?

三年前の2014年、野際さんの身体に肺がんが見つかり都内の病院に入院しました。
早期の発見だったため抗がん剤治療に移ると回復していましたが、2015年にガンが再発し、再摘出手術を受けていました。
その後ドラマにも出てきていたため“まるで完治”したのではないかと思う人も多かったと思います。しかし、今年の6月に体調が急変し倒れて緊急入院をすることになったようです。
そして、緊急入院の日に亡くなりました。
緊急入院をした病院について調べてみたのですが、緊急入院をした病院についての情報は見つかりませんでした。2014年に入院をした都内の病院に再び入院したのでしょうか。

一度退院してからの野際さんが、完治したかのように見えたということはドラマの撮影の時も辛いという気持ちを表に出さず、いつものように場を和ませていたのかもしれません。

本当に美しい女性だったと思います。

まとめ

今回は野際陽子さんについて書きました。

テレビに出ていた人が亡くなってしまうと今までその姿をテレビで見てきた人も悲しくなりますよね。

私も未だに野際さんが亡くなってしまったことを信じられないでいます。

今までありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする