甲子園の土って使い道はあるの!?持って帰るのはOK?

Pocket
LINEで送る

甲子園球場

毎年夏に行われる甲子園。試合が終わるまで予測ができないため、応援している人もハラハラしてしまいます。
毎年期待されている高校が敗退してしまうことや、初めて甲子園に出場した高校が勝ち進むこともありますね。

敗退したチームは涙ぐみながら甲子園の土を持って帰る・・・というシーンをよく見ますが甲子園の土は持って帰って何に使うのでしょうか。
何気なく甲子園の試合を見ている人は甲子園の土の使い道が気になっていると思います。

今回は甲子園の土についてまとめました。

スポンサーリンク

そもそも甲子園はいつから始まったの?

1915年に第一回大会が始まりました。

第一回目の大会名は「全国中等学校優勝野球大会」で、球場は大阪の豊中球場で行っていました。
第一回目も甲子園でやってる!と思っていた人も多いはず。

「全国中等学校優勝野球大会」で人気が急上昇して観客が多くなり、収容できなくなったため本格的な野球場である現在の「阪神甲子園球場」を建設することになったそうです。

土を持ち帰り始めたのはいつからか

甲子園の土を持ち帰り始めたのはいつからなのでしょうか。これははっきりとはわかっていないようですが、三つ説があります。

一つ目は1937年の大会の時です。
読売ジャイアンツの監督になった川上哲治さんの高校が敗退した時に甲子園の土をユニフォームのポケットに入れて高校の練習場に撒いたそうです。

二つ目は1946年の大会の時です。
東京高等師範付属中が準決勝で敗れて、選手が来年甲子園に戻るという想いを込め持ち帰ったとのこと。

三つ目は1949年の大会の時です。
準々決勝で敗れた小倉北高の選手が無意識にズボンの後ろポケットに土を入れて持ち帰ったと言われています。
その後持ち帰ってはならないことを手紙で注意されて、その時にその選手は無意識に持って帰っていたことに気づいたそうです。

川上さんに土のことを聞いてみると、前から持ち帰っていた選手がいたと発言しているので、昔から土を持ち帰る風習はあったようですね。

沖縄の高校が初めて出場して敗退した時にも甲子園の土を持って帰ったそうですが、当時はアメリカ領であったため、土の持ち込みはしてはならないということで海に捨てられてしまいました。

この出来事が新聞に取り上げられてから、風習から伝統になりました。

甲子園の土の使い道

甲子園の土の使い道ですが、持ち帰る高校によって使い方は違うようです。

多くの選手は再び甲子園の土が踏めるということで甲子園の土を学校のグラウンドに撒くことにしています。

ある高校では、瓶に入れて部室に思い出として飾っておきます。

また別の高校では後輩に甲子園の想いを込めて渡しているそうです。

持って帰った選手は皆使い方は違いますが、想いを込めて持ち帰っているんですね。

試合を観ていた一般の人も甲子園の土が欲しくなりますが、甲子園の土は一体どこのものなんでしょうか。

甲子園の土はどこのもの?

甲子園の土は黒土と白土のブレンドでできています。

黒土の産地

  • 岡山県日本原
  • 三重県鈴鹿市
  • 鹿児島県鹿屋
  • 大分県大野郡三重町
  • 鳥取県大山

黒土は様々な場所から取り寄せているようですが、補充の時には同じところから取り寄せているわけではないので定まっていないんです。

砂の産地

  • 甲子園浜及び香櫨園浜社有地
  • 瀬戸内海産の砂浜
  • 中国福建省

こちらの土は現在、中国福建省の土を使っています。

甲子園の土は持って帰っちゃダメ?

びっくり!
甲子園の選手が持って帰る姿を見て自分も欲しいと思う人も多いはず。
一般の人も持ち帰ることができるんでしょうか。

原則としては土を持ち帰ることはダメだと言われています。

しかし、甲子園に出場した選手が持ち帰ることは黙認されているようです。
実は、過去に一般の人に甲子園の土を販売したこともあったようです。今は販売していないのが残念ですね。

もしかしたら、甲子園の土がある産地まで足を運んで、甲子園の土を持って帰る人もいるかもしれませんね。

選手が持ち帰ることで土がなくなるのではないかと心配する人も多いと思いますが、選手が持って帰る土の量は微々たる量でなくなることはないようです。

まとめ

今回は甲子園の土についてまとめました。毎年夢に向かって必死に頑張っている選手たちを見ていると自然と気持ちが熱くなりますね。

涙している姿にはこっちもつられちゃいます。
甲子園はこれからも続い欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする