畠山愛理は引退後も活躍中!スタイルの秘訣と過去の演技を紹介 

Pocket
LINEで送る

新体操の美人選手として名が上がっていた畠山愛理さん!
その顔立ちの良さからリオ五輪引退後、スカウトの声も上がっていたそうです。
さてそんな畠山さんですが引退後は何をしているのか具体的に知らない人も多いと思います。
ということで今回は現在も活躍中の畠山さんについてまとめました!

スポンサーリンク

畠山愛理のプロフィール

  • 1994年8月16日生まれ
  • 出身地は東京都
  • 身長170cm
  • 血液型O型
  • 東京ジュニア新体操クラブ、株式会社スポーツバックスに所属

畠山さんが新体操に興味を持ったのは6歳の時。

始めた時は体は柔らかくなく開脚もままならなかったそうです。

畠山さんは今では有名な選手として名が上がっていますが

中学生でもう新体操をやめようと思いつめていたこともありました。

腰痛によりスランプに陥ってしまったためです。

そんな時に中学校の保健の先生に

「最後は“自分のため”に踊ってみたら」

と言われ心が軽くなって演技ができたそうです。

そのことがきっかけで続けることができたんですね。

引退後の活躍は何をしているのか

リオオリンピック五輪で引退を宣言した畠山さん。

引退後は新体操の魅力を講演やメディア、雑誌、テレビ番組でキャスターとして語っています。

日本テレビの『輝きyell』で女優としてデビューを果たしてからは

『サンデースポーツ』などでキャスターとして活躍しています。

講演や生放送でキャスターとしてしゃべる機会が多く、

やり直すことができないというプレッシャーを感じているとインタビューでは答えていました。

しかし、オリンピックでもかなりの緊張を感じていたためその経験もあり役に立っているそうです。

テレビ番組に出演した時は事務所の人に言葉使いをチェックしてもらい日々努力して直すという真面目さ。

選手として成長しようとしていた心構えが今も生かされているのがわかりますね。

ちなみに2018年5月に発売される雑誌にも畠山さんが載っています!

スタイルがやはりよいですね〜!

畠山さんの爽やかな笑顔が見られるのは『東京ウォーカーplus』だけですよ!

ファンの方は見逃せませんね!

今もなお保っている美しいスタイルの秘訣

畠山さんは選手として引退をしてからもスタイルの良さは今も健在です!

柔軟性、体重はなんと今もそこまで変わっていないそうなんです。

どのようにして今も美しいプロポーションを保っているのでしょうか。

年齢、妊娠を言い訳にしたりすることで年相応の体型になってしまうため

「自分はフェアリーだから」

という意識を高く持つことが大切だそうです。

さらに、そのような意識だけではなくダンスレッスン、ジムに行くなど日々運動を取り入れています。

食事は脂質を取りすぎたら低脂肪のものに置き換えるなどしています。

自分で食事の面ダメなところに気づいてすぐに改善するという考えがあるんですね。

畠山さんのスタイルの良さを真似したい人は参考にしてみるとよいかもしれません!

過去の演技をプレイバック

過去の演技をもう一度見たいと感じている人のために動画を用意しました。

他のメンバーと息を合わせて華やかな雰囲気を出していますね。

演技を失敗してはならないというプレッシャーを感じているにも関わらず笑顔が絶えないところがすごいです。

まとめ

ということで今回は畠山さんの引退後の活躍と、スタイルの良さの秘訣、過去の演技について書きました。

畠山さんが2020年の東京オリンピックで活躍する姿が見たい気持ちもありますね。

選手としての活躍は見ることはできないですが、キャスターとして選手の目線から実況をしてくれるかもしれませんね!

これからも動きがあるかもしれないので今後も注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする