三行YCC(イールドカーブ・コントロール)


・長短金利操作とも呼ばれ、長期金利と短期金利の誘導目標を操作し、イールドカーブを適切な水準に維持することを指す。

・具体的には、短期金利は日銀当座預金のうち、政策金利の残高にマイナス金利を適用して、長期金利は10年物国債の金利が0%程度で推移するように長期国債の買い入れを行うといったことを指す。

・代表例は、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」が挙げられる。

イールドカーブ・コントロールをわかりやすく解説、日銀はなぜ長短金利を操作するのか |FinTech Journal (sbbit.jp)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。